遮光器土偶マグネット

眼部が極北民族の間で使われた雪眼鏡(サングラス)に似ていることから、遮光器土偶と呼ばれています。

縄文時代後期から晩期の東北地方を中心に出土しています。

これをモチーフに素焼きで製作しました。

サイズ5×4cm
販売価格 540円(本体500円、税40円)