地域福祉情報2018年8月号(通巻315号)

keyword 社会保障制度

【資料】
  
  第8回 社会保障制度改革推進会議 資料6
「平成30年度の社会保障の充実・安定化について」
  厚生労働省提出資料 平成30年5月28日

 掲載記事 2018/6/1〜6/30

【全国情報・海外情報】
・認可外補助3.7万 幼保無償化来年10月
・困窮者の支援強化 改正生活保護法きょう成立
・認知症アプリで発見 センサー使い歩行障害判定
・地方の人材に高い期待 障害者雇用をテレワークで
・訪問介護でセクハラ被害
・特別養子縁組制度を考える上・下
・人生100年会議 社会保障「全世代型に」
・遺伝子差別禁止へ法案検討
・死を語り合い生を見つめる「デスカフェ」催し各地で
・医学部の地域枠 定員の2割近く
・通勤・通学時の地震 備えは
・老人ホームは「旧東ドイツ」寡黙な入居者 一転会話〜世界発

[社説]
・相次ぐ児童虐待死 命守る仕組み総点検を
・ケアプラン有料化 増す負担慎重に検討を
・外国人の就労 劣悪な雇用環境の一掃を

【都道府県別索引】
◇ 北海道・東北地方
北海道・特養の夜 介護現場密着記 上・中・下
 ・生きる×支える〜地域ケアのいま上・中・下
青森県・高齢者の見守り 頼みは警備会社
岩手県・県内広がる産後ケア
宮城県・児相、警察と協力強化 警察官常駐進む
秋田県・若者のSOS逃さない 蜘蛛の糸SNS相談実施へ
山形県・子ども食堂 変わる役割
◇関東地方
茨城県・潜在保育士復職を支援 待機児童解消に策
群馬県・虐待児保護 最多508人
埼玉県・児童虐待 全件を共有 データベース化
千葉県・介護予防に「サロン」づくり
東京都・介護職員「我慢も限界」抱きつかれ殴られ
   ・SOS何度も 目黒5歳児死亡
神奈川県・高齢者捜索へ警察犬大忙し
◇ 中部・北陸地方
新潟県・豊かな人生学ぶ場に 特別支援学校卒業後の進路提供
石川県・「看護師も診療」進まず 時間、費用ネック
福井県・共生社会へ道半ば 障害者差別解消法3年目
山梨県・発達障害 通級指導手探り
長野県・子ども医療費「窓口無料化」全市町村で8月1日から
静岡県・4中学校区で「常時配置」スクールカウンセラー
愛知県・名古屋城エレベーター問題
◇近畿地方
三重県・嘆く業界、入居者抑制も 介護職員の人手不足
滋賀県・盲ろう者へもっと情報を
京都府・「包括ケア」京で全国大会
大阪府・DV被害者の子どもに避難後の心理ケア
   ・ボランティア支援加速
兵庫県・認知症予防へ道場 神大が高齢者のデータ解析
奈良県・学習療法で認知症改善
和歌山県・リハビリ職の人材育成 県 和歌山市に大学誘致
◇中国・四国地方
島根県・若者の定着促せるか 福祉職場のエルダー制度
広島県・自殺防止へ弁護士派遣「広島モデル」定着目指す
香川県・loTで高齢者見守り 国のモデル事業に
愛媛県・支え合う地域 えひめ認知症対策 銑
高知県・高齢化するひきこもり
◇九州・沖縄地方
福岡県・レッド隊長が行く 少年非行の現場から上・下
佐賀県・「抱えない介護」県全域で
長崎県・調査員不足対応に遅れ 要介護認定長期化
熊本県・内密出産を考える「ゆりかご」から11年 銑
大分県・温泉力に熱視線 竹田などの自治体
沖縄県・高齢者や障がい者対象に 災害非難の指南書改定

【地域の書籍紹介】
・『新卒ですが、介護の相談うけたまわります』
(迅社/691円+税/いぬじゅん著)
・『母が若年性アルツハイマーになりました』
(ペンコム/1500円+税/野島朋子)

【行政機関などの資料・報告書】
・認知症運転の恐れ5.7万人
・認知症不明 最多15863人
・待機児童 3割減5200人
・保育所用地苦心の確保 高架下、駐車場の上・・
・無償化先行したら待機児童「最多」
・低報酬介護 利用1割
・要介護移行「無理」
・ハンセン病遠い故郷 退所者6割戻らず
・特別支援学級に在籍する割合 外国人の子 日本人の2倍
販売価格 3,024円(本体2,800円、税224円)

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ